仮想通貨ビジネスが日本で衰退した理由

2018年をピークに仮想通貨の取引におけるネット副業が日本では下火になっています。
その理由としては仮想通貨自体の信頼性を大きく損なう仮想通貨流出事件が2018年に起こった際、根本的な問題を解決しなかった点もありますが、2017年よりも以前にメディアで仮想通貨を取り上げまして儲かるようなことを言いましたが実際の所儲かった人数は全世界で228人とかなり少なく後の仮想通貨でトレードをしている人はどちらかと言うと新規参入者で遅れて参加したためそんなに利益を上げることもできずやめてしまったという人が多いことです。
日本ではさらに詐欺の投資として仮想通貨開設の投資を持ちかけて実際には仮想通貨の開設資金に使用されていなかったりと仮想通貨は=詐欺であるという見方が増え2018年をピークに仮想通貨のビジネスは下火にりました。
一時期2013年あたりには仮想通貨の取引における戦略プランを開設する仮想通貨セミナーなども積極的に開催されましたが、投資できる額を考えた場合、投資に置いて仮想通貨の価値を吊り上げることが出来るのは高額な投資をしている富裕層のみである点が取り立たされると一気に仮想通貨のセミナーも開かれなくなりました。
つまり、高額な投資をすることができる人間が仮想通貨の価値を高め、それ以外の人の投資は価値を高めるためではなく、価値を高める投資家のおこぼれをもらっているに過ぎないという考え方にシフトし、そもそも、技術革新として仮想通貨を開発したのにも拘らず、実際のところは資金がほしいために投資を募りやすい仮想通貨というジャンルでネットビジネスを行っているに過ぎないことにメディアが2015年当たりに気づきだし、現在の仮想通貨の下火である状態に移項しました。
それでも仮想通貨をするというのは今だ稼動通貨の価値が一部富裕層の間で価値のあるものであるとされているだけでネットビジネスとして考えた場合、新規参入がしにくくなりつつありますので仮想通貨のネットビジネスは限界に来ていると考えます。その証拠に仮想通貨に利用されているブロックチェーンの技術ですが、既に色々なジャンル、病院やネットショップなどオンラインで使用される端末に使用されており、はっきり言ってしまうとこれ以上進化をさせようとしても通信システム自体を見直したり、セキュリティを強固にするということでしかシステムを運用できず、必ずしもネットワークのシステムとしてブロックチェーンが活躍する保証も無い上に、ブロックチェーンを取り入れたネットワークシステムを利用できるようにコンピューターを設備を新しくしないといけないなど課題も多く、ブロックチェーンのシステムに参加するためにコンピュータを新しくしないといけないということもあるので今ひとつ企業でも扱えていないシステムがブロックチェーンです。
使えないシステムや分らないシステムは日本ではあまり浸透しないというお話が仮想通貨のシステムであるというお話です。
皆、ブロックチェーンはすごいと言いますが、ブロックチェーンを管理運用するコンピューターの性能を向上させるコストについては考えていないため、企業としてもコストがかかるビジネスに参入するメリットが無い物が仮想通貨になりますのでネットで行うビジネスとしては衰退するのも無理もないお話しです。

SNSでもご購読できます。