個人投資家にFXがおすすめ出来る理由

一昔前までは投資と言うと、株取引をイメージする人がほとんどでした。ですが最近ではそんな株取引に負けない位に、FXに投資する人が増えているのです。しかも株取引からFXに鞍替えする人も、今や珍しくありません。その様にして個人投資家の間でFXの人気が高まっている理由は、株取引よりも魅力的な部分が幾つもあるからです。
個人投資家にFXへの投資をおすすめする理由はまず、株取引よりもリアルタイムでの取引が行い易い点を挙げる事が出来ます。というのも株取引の場合、国内市場が開いているのは平日の9時から15時までです。サラリーマンやOLといった人達が忙しく仕事を行っている時間帯であり、リアルタイムで取引を行うのは難しかったりします。所がFXは異なる2国間の通貨ペアを取引するので、世界中の何処かの市場が開いてさえいれば取引可能です。お陰で平日であれば24時間、何時でも取引する事が出来ます。そのため会社勤めをしている人でも、帰宅後の空いた時間や出社前にリアルタイムで取引を行い、利益を得る事が可能です。
更に始める際の敷居が低い点も、個人投資家におすすめ出来るポイントと言えます。というのも株取引をまともに行おうとすると、少なくとも数十万円規模の資金を用意しなければなりません。ですがFXの場合は、数万円程度用意すれば始める事が可能です。FXにはレバレッジという方法があり、国内口座であれば最大で資金を25倍にして取引を行う事が出来ます。海外のFX口座であれば、数百倍から1000倍といった所も存在するのです。なのでレバレッジを上手く活用する事で、少ない資金からでも一気に大儲けを目論む事も出来ます。そのため株取引よりも始める際の敷居は、かなり低いと言えるのです。
FXは株取引よりも、勝負出来る局面が多い点もおすすめポイントだったりします。個人投資家の多くは副業として投資を行うので、トレードを行える時間は限られているのです。株取引の場合は、狙った銘柄が値下がりした上で上昇を始めるタイミングで買い注文を出し、期待通り値上がりした所で売り注文を出す事で利益を得る事が出来ます。値上がりするそのタイミングが来るまで、じっと待つ羽目になるのです。FXでも狙った通貨ペアが同じ様な状況になれば、利益を得る事が出来ます。所がそれ以外でも、FXの場合は狙った通貨ペアが下落すると読める際には売り注文から入る事も可能です。その上で実際に下落した所で買い注文を出せば、利益を得る事が出来ます。この様に買い注文だけでなく、売り注文からでも入る事が出来るので株取引よりも勝負出来る局面が多いです。

SNSでもご購読できます。